TOP

シミの原因? 真犯人を探そう!

皮膚は、紫外線を浴びるとメラノサイト(色素細胞)にメラニン色素を作るように働きかけます。約80%といわれるほとんどのシミは皮膚の表皮にメラニンが増加し、沈着することによって発生します。
本来、メラニンは紫外線から肌を守るためのものなのですが、シミの原因にもなるというチョット分かりにくいシミのメカニズムです。
ですから一時的な日焼けであれば数か月もするとメラニンは消失し、シミの原因とはなりません。多くの紫外線を浴び、「色素細胞」の性質が変異してしまった場合に限ってメラニンが過剰に作られ、シミになるというのが正しい紫外線〜メラミン〜シミの関係です。
つまり、単純には紫外線とメラニンはシミの原因とは言えず、真犯人は「長時間もしくは長期間にわたって過剰に浴びてしまった紫外線」ということになります。

「加齢」による代謝の低下もシミの原因になります。代謝機能の低下によってターンオーバー(新陳代謝)もスムーズに行われにくくなるためメラニンが排泄されにくくなり、シミの原因となります。年齢とともにシミが目立つようになるのはこのためです。シミは、医学用語では「老人性色素斑」と呼ばれるのもうなずけます。 しかし、幾つになってもシミひとつない方がおられるかと思えば、若くしてシミで悩まれる方もおられます。医学的には、一概にこの個人差を論ずることはできませんが、簡単に述べるなら『生活習慣の差』ということになるでしょうか。 肌が美しく保たれるのは、皮膚のターンオーバーが順調に行われるからです。正しいターンオーバーを繰り返すには肌を清潔に保つこと以外に、「運動」「栄養」「休養」が必須条件となりますので、運動不足、偏った食生活、睡眠不足などはシミの遠因となります。

日焼けによるシミや加齢によるシミの他にも、シミには様々なタイプがあります。「肝斑(かんぱん)」と呼ばれる疾患がありますが、これは女性ホルモンの影響による成人女性にできるシミです。妊娠・出産時のホルモンの影響で悪化するものもあります。このように、シミはいろいろな要素が混ざっている場合が多い皮膚の疾患です。

しみのタイプと治療法

治療法 一回の治療時間 しみのタイプ 梅田 天王寺
① 内服薬
② 外用薬
加齢や日焼けによるシミ・肝斑・くすみ
③ イオン導入 15分 加齢や日焼けによるシミ・肝斑・くすみ
④ アクシダーム 30〜40分 加齢や日焼けによるシミ・肝斑・くすみ
⑤ ピーリング 30〜40分 加齢や日焼けによるシミ・肝斑・くすみ
⑥ フォトRF 30〜40分 加齢や日焼けによるシミ・顔全体のくすみ
⑦ Qスイッチレーザー 数分 加齢や日焼けによるシミ・あざ

シミ治療法の概説

① 内服薬

シミができたときには、積極的にビタミン類を摂るようにしましょう。ビタミンEやβ-カロテンには、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、肌や細胞の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進する作用もあります。また、ビタミンCは、沈着したメラニンに作用し、目立たなくさせる働きがあります。肝斑には「トラネキサム酸」が有効です。

② 外用薬

一般的には、シミの外用薬として「ハイドロキノン」を用います。ハイドロキノンは強力な肌の美白剤です。レーザー後の再色素沈着の予防など多様なシミに有効です。

③ イオン導入

皮膚表面のイオンバランスをコントロールすることで、シミを改善するビタミンC誘導体やプラセンタなどを効果的に真皮層に浸透させる方法です。シミに働きかけるのと同時に、みずみずしいお肌をつくり、張りとツヤを実感することができます。

④ アクシダーム

アクシダームはイオン導入や超音波導入では難しかった分子量の大きなヒアルロン酸などの有効成分を大量に浸透させることのできる、新しい理論による治療機器。美白成分を浸透させることによって、シミを改善します。針を用いないため、無痛であることもすぐれた特長のひとつです。
レーザーでは難しいとされる「肝斑」に対してもトランサミン(トラネキサム酸)を導入することですぐれた効果を発揮します。

⑤ ピーリング

ケミカルピーリングが日本人向けに開発され、ツルツルのキメ細かな明るい肌を望まれる女性に受け入れられつつあります。刺激感の少ないサルチル酸マクロゴールピーリングや「グリコール酸」「乳酸」「サリチル酸」を組み合わせたミルクピール等を行なっています。但し、皮膚表面の浅い部分にしか作用しないため、頑固なシミにはレーザー治療を併用します。

⑥ フォトRF (オーロラ)

シミ以外にも、「くすみ」「毛穴の開き」「そばかす」「ニキビ」「赤ら顔」「たるみ」なども同時に改善する新しいタイプの美肌治療器。
アンチエイジング治療や幅広いお肌の悩みを解決できたのは、フォトフェイシャルのIPL(光エネルギー)とサーマクールのRF(高周波エネルギー)をマイルドにドッキングさせ組織に照射する、オーロラのハイブリッド作用。痛みや腫れも少なく、治療後すぐにお化粧が可能です。

⑦ Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザーは、主にメラニンに吸収されるレーザーです。レーザー光線を照射することにより、メラニンを選択的に破壊し、皮膚のより深いところまで届くというのが特徴です。一時的に痂皮が出ることがありますが、通常は7日程度で剥がれ落ちます。

施術の流れ

お問い合わせ
診察の予約
初回来院時の診察シミのタイプ診断・治療法の説明
同意のうえ治療方針の決定

Qスイッチレーザー 内服 外服 フォトRF(オーロラ)
イオン導入
アクシダーム

Qスイッチレーザー広範囲ならテスト照射
※狭い範囲なら本照射
7日後に来院。
本照射または経過観察
本照射後、痂皮がとれます。7日〜14日後、ハイドロキノン外用薬開始
3ヶ月程度の経過観察
内服14〜30日程度の投薬
1ヶ月効果をみて、
3ヶ月〜6ヶ月程度継続。
外服外用薬の処方
1ヶ月効果をみて、
3ヶ月〜6ヶ月程度継続。
フォトRF(オーロラ)
イオン導入
アクシダーム
施術の予約
2〜3回で効果が実感できれば5回まで継続。
定期的にメンテナンス継続。

料金表[しみ]

内服薬トランサミン錠 + シナール錠(1ヶ月分)自費1,800円(税抜)保険適応(肝斑のみ)1,100円程度
外用薬 5%ハイドロキノン軟膏5g 2,500円(税抜)
イオン導入VC 2,000円(税抜)プラセンタ 3,000円(税抜)
アクシダーム顔全体初回 10,000円(税抜)2回目以降 12,000円(税抜)8回セット 90,000円(税抜)
初回 10,000円(税抜)2回目以降 12,000円(税抜)8回セット 90,000円(税抜)
ピーリングマイクロダームアブレージョン1回 8,000円(税抜)5回セット36,000円(税抜)
サリチル酸マクロゴールピーリング顔 1回 10,000円(税抜)5回セット 45,000円(税抜)
ミルクピール1回 10,000円(税抜)5回セット 45,000円(税抜)
ミルクピール(イオンVC付) 1回 12,000円(税抜)5回セット 54,000円(税抜)
Fotona ミラーピール初回 30,000円(税抜)2回目以降1回 28,000円(税抜)
フォトRF1回 15,000円(税抜)5回一括 65,000円(税抜)
フォトRF+イオン導入(ビタミンC & プラセンタ)1回 20,000円(税抜)5回一括 87,500円(税抜)
Qスイッチレーザー1センチ四方 10,000円(税抜)

※5回セットは初回より1年間有効です。